關於部落格
  • 10585

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

FF14 ギル PA内でクリアを試みた植田がまさかの空振り

FF14 RMT。  前半12分にはCKからMFキム・ヨンウクにヘッドで狙われるも、枠上に外れる。さらに同20分にはDFイム・チャンウに左サイドを豪快に突破されると、クロスからキム・ヨンウクにダイビングヘッドを放たれたが、これも枠を捉え切れず。先制点こそ許さないものの、日本は前半9分に矢島がミドルシュートを放って以降、敵陣深くまでボールを運べない時間帯が続いた。  すると、前半28分に絶体絶命の危機が訪れる。PA内でクリアを試みた植田がまさかの空振り。このボールをイ・ヨンジェに拾われてシュートまで持ち込まれるが、岩波がギリギリのところでクリアして難を逃れた。その後も押し込まれる時間が長かったものの、粘り強い守備で対応。前半33分にはDF遠藤航がミドルシュートを放ち、同43分には高い位置でボールを奪ったMF大島僚太のパスからFW野津田岳人が左足でシュートを狙うなどシュートチャンスも作ったが、スコアは動かないまま前半を0-0で折り返した。  後半に入り、日本が高い位置でボールキープする時間を作り出すものの、流れは大きく変わらず。後半9分にはPA内からイ・ジェソンにシュートを放たれたが植田がブロック。その流れから波状攻撃にさらされるが、集中を切らさない守備でゴールを守る。その後もシュートを立て続けに打たれる場面が続くが、相手の精度にも助けられて0-0のまま試合は進む。  防戦一方の日本は後半19分に野津田に代えてFW荒野拓馬を投入し、システムを4-4-2に変更する。後半に入ってなかなかシュートまで持ち込めなかったが、後半32分に室屋のクロスのこぼれ球から矢島が強烈なシュートを放つ。しかし、GKキム・スンギュの好セーブに遭い、ネットを揺らすには至らなかった。このプレーで矢島が足をつり、同34分にMF原川力が送り出された。 FF14 ギル  後半38分には再び韓国の波状攻撃に遭い、大ピンチを迎えたが遠藤のシュートブロックでしのいだ。すると後半41分、大島がPA内で相手選手を倒してPKを献上していまう。これをチャン・ヒョンスに沈められて先制を許した。最後まで反撃を試みた日本だったが同点に追い付くことはできず、0-1で敗れた。 中国・虎足球は18日、「交渉決裂、ファンマルウェイク元オランダ監督は韓国チームの監督にはならず」と題した記事を掲載した。 FF14 RMT 大手移籍情報サイトtransfermarktがTelegraafを引用して伝えたところによると、ハンブルガーSVの元監督、ファンマルウェイク氏と韓国サッカー協会との交渉が決裂し、同氏が韓国サッカー代表の監督に就任することはなくなった
相簿設定
標籤設定
相簿狀態